関ものづくり研究所  

品質向上 生産性向上 セル生産 デジタルものづくり 人材育成 経営力向上コンサルティング

 
ホーム 組織概要 事業内容 お問合せ
ホーム 組織概要 お問合せ
組織名
関ものづくり研究所
郵便番号
431-1304
住所
静岡県浜松市北区細江町中川670−19
電話番号
053-571-1446
FAX 番号
053-523-1402
代表者
代表 関伸一
経歴

○1981年  芝浦工業大学工学部機械工学科卒
○1981年〜 テイ・エス・テック(株)入社 モーターサイクル外装部品の生産準備、量産品質管理に従事
○1992年〜 ローランド ディー.ジー(株)入社 品質改善を切り口に生産改革に注力 2000年に完成させた「デジタル屋台生産」がものづくり界で注目される また、ISO9001/14001に適合した品質・環境マネジメントシステムを構築
○2008年〜 (株)ミスミグループ本社入社 子会社の駿河精機(株)本社工場長、生産改革室長としてものづくり改革に従事
○2010年3月 「関ものづくり研究所」設立

所属、表彰、論文など

○浜松市商工会議所会員 湖西市商工会議所会員
○2004年2月 「日本IE文献賞」を受賞
○2004年9月~ 「8ページ品質マニュアルへのワインディングロード」と題して「月刊アイソス」にコラムを半年間連載
○2006年6月 「日本経営工学会特別賞(経営システム賞)」を受賞 
○2010年4月〜 静岡理工科大学にて非常勤講師として「SCM」講座を担当
○2010年6月 静岡大学大学院にて「マネジメント特論」講座を担当
○2010年10月 早稲田大学理工学部・大学院、豊橋技術科学大学にて「フレキシブル生産」講座を担当
○2011年11月 静岡大学客員教授就任
○2012年4月〜 日経BP社「日経ものづくり」にコラム「デジタルセル生産のススメ」を6回連載
○2013年4月〜 「日経ものづくり」にコラム「関伸一の強い工場探訪記」を7回連載
○2013年10月〜 日経BP社主催「日本の強い工場アワード」審査員
○2014年4月  特定NPO法人「三次元設計能力検定協会」理事就任

ものづくりへの「思い」
○不良品を作ろうとする作業者はいない、原因は全て仕組みにある
○明るく楽しい現場であれば、生産性向上は自ずと実現する
○デジタル技術はアナログ技術を超えられない、デジタルが進歩すればするほどアナログも進歩する
○改革は数多くの改善の積み重ねによってのみ実現し、改革が起こった事は後になって分かる


Copyright (C) 2010 Seki-Monodzukuri Laboratry